帆立のチリソースにはチェラスオーロ・ダブルッツォ

  • 2013年6月14日(金) 10:59 JST
  • 投稿者:管理人
  • 閲覧数1,161
シーフード・魚介類に合うワイン

今夜の晩御飯はエビチリの変形の帆立のチリソースでした。

合わせたワインは?

チェラスオーロ・ダブルッツォ 2011年 コッレフリージオ ロゼ

ふふふ。
 
チェラスオーロ・ダブルッツォ 2011年 コッレフリージオ ロゼチェラスオーロ・ダブルッツォ 2011年です。
旨かったですね(笑)。
 
チリソースの辛い唐辛子風味とチェラスオーロのスパイシーさはピッタリ。
もちろんチェラスオーロが持っている滑らかな舌触り、甘いラズベリーの果実味があってのこと。このワインにある甘さと辛さ。主役と脇役が機能した上、チリソースという打ってつけの舞台があってのことですね。
 
辛さと甘さ、甘さと甘さのバランスが取れているからこそなんでしょうね。甘さの中のしっかりとした辛さ。辛さがあるからこそ甘さが際立つ。そんな鉄則を感じるマリアージュでした。
 
ただチリソースの甘さは砂糖ですが、チェラスオーロの甘さは酸とグリセリンです。
 
この質の違う甘さが重なることで複雑さ、深みが増しています。その上、共通する唐辛子っぽいスパイシーさは更に味わいを引き立てます。
 
うーん。
 
コッレフリージオのチェラスオーロ・ダブルッツォは辛い中華料理には鉄板ですね。
 
合わせられる料理が幅広いのが嬉しいですね(笑)。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://wine.e-masukyu.co.jp/trackback.php/20130614105931614
  • 帆立のチリソースにはチェラスオーロ・ダブルッツォ
  • 0コメント
  • アカウント登録

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。