ヴァイスブルグンダー + 大根おろし が旨い!

  • 2013年10月 3日(木) 04:06 JST
  • 投稿者:管理人
  • 閲覧数1,607
シーフード・魚介類に合うワイン

家内が大発見しました(笑)!

実は先日の夕食。おかずは脂のよくのった鯖の塩焼きに大根おろしをたっぷり。合わせたワインはヴァインホフ・ショイのヴァイスブルグンダー トロッケン 2011年 です。アルザススタイルのドイツの辛口白ワインです。
なんとヴァイスブルグンダーと大根おろしが絶妙に合うんです。大根おろしが口の中でふっくらフルーティーになります。もちろん鯖の旨さも倍増です。
うーん。
ビックリしました!

前に筋金入りのワイン・エキスパートKさんがおっしゃってました。
Kさん「マスキューさん。私が長野に赴任していた時、マニアックなお寿司屋さんがありました。もちろん料理にはめちゃくちゃこだわりがあるし、お酒もしかり。但し、ワインは1種類のみ。ヴァイスブルグンダーが、あるだけでした(笑)。そんなに親しい関係ではなかったのでその訳は聞きませんでしたが、推察するに寿司や和食に合うワインはヴァイスブルグンダーが一番だとその店の店主さんは考えていたのでは…。」
私も常々ヴァイスブルグンダーが和食に合うワインと言っていましたが、大根おろしにこれほど合うとは…。
ワインと合わせ易くするには、繋ぎにレモンを入れれば簡単に合わせられますが、ダイレクトにヴァイスブルグンダー + 大根おろし が旨い!

大発見なのです(笑)。

帆立のチリソースにはチェラスオーロ・ダブルッツォ

  • 2013年6月14日(金) 10:59 JST
  • 投稿者:管理人
  • 閲覧数1,235
シーフード・魚介類に合うワイン

今夜の晩御飯はエビチリの変形の帆立のチリソースでした。

合わせたワインは?

チェラスオーロ・ダブルッツォ 2011年 コッレフリージオ ロゼ

ふふふ。
 
チェラスオーロ・ダブルッツォ 2011年 コッレフリージオ ロゼチェラスオーロ・ダブルッツォ 2011年です。
旨かったですね(笑)。
 
チリソースの辛い唐辛子風味とチェラスオーロのスパイシーさはピッタリ。
もちろんチェラスオーロが持っている滑らかな舌触り、甘いラズベリーの果実味があってのこと。このワインにある甘さと辛さ。主役と脇役が機能した上、チリソースという打ってつけの舞台があってのことですね。
 
辛さと甘さ、甘さと甘さのバランスが取れているからこそなんでしょうね。甘さの中のしっかりとした辛さ。辛さがあるからこそ甘さが際立つ。そんな鉄則を感じるマリアージュでした。
 
ただチリソースの甘さは砂糖ですが、チェラスオーロの甘さは酸とグリセリンです。
 
この質の違う甘さが重なることで複雑さ、深みが増しています。その上、共通する唐辛子っぽいスパイシーさは更に味わいを引き立てます。
 
うーん。
 
コッレフリージオのチェラスオーロ・ダブルッツォは辛い中華料理には鉄板ですね。
 
合わせられる料理が幅広いのが嬉しいですね(笑)。

油ののった魚介類にはピッタリのワイン

  • 2012年8月10日(金) 08:52 JST
  • 投稿者:管理人
  • 閲覧数1,586
シーフード・魚介類に合うワイン

ドメーヌ・フォンドゥースのソーヴィニヨンが2008年ヴィンテージに代りました。

ヴァン・ド・ペイ・ドック(南フランス)でつくられるソーヴィニヨン・ブランの白ワインです。

相変わらず美味しいです。アルコール分が13%と南のワインにしては高過ぎないのが良いです。このくらいのアルコール分ですと、アルコールが口に当たりません。酸とボディーのバランスがとても良く、抵抗感がありません(笑)。

この産地のワインは妙に甘かったり、くどかったりすることが多々ありますが、雑な感じもしません。ヴィンテージを含めて良く出来たワインだと思います。

マロラクティック発酵もしていますから、乳酸臭さがちょっとあり、シェーブルや油ののった魚介類にはピッタリですね。また、オリーブオイルとの相性もかなり良いはず。ギリシャ風にレモンとオリーブオイルを半々にして、塩胡椒した焼魚には最高ですね。あー、たまらん(笑)!

ドレッシングをかけたサラダだけにあわせるにはもったいないワインですね。

鰻とワインの組み合わせ

  • 2012年7月25日(水) 23:52 JST
  • 投稿者:ルーブル
  • 閲覧数1,883
シーフード・魚介類に合うワイン
マスキュー様。
ルーブルと申します。毎日暑いですね、皆様ご自愛下さい。
土用の丑の日が近いですが、鰻とワインの組み合わせではどの様なワインを選べ
ば良いでしょうか。個人的には赤の、特にカベルネ・フラン種あたりかなと思うのですが。。。よろ
しくお願いします!

帆立のバター焼きに合うワイン

  • 2012年7月 3日(火) 14:44 JST
  • 投稿者:管理人
  • 閲覧数1,078
シーフード・魚介類に合うワイン

今日は常連のお客様がワインの補充に(笑)、お越しくださいました。

お客様「フェルのシェナン・ブランあります。僕はすっかりハマっちゃいましたよ(笑)。明日、バーベキューで帆立のバター焼きを出すんで、みんなを驚かそうと企んでます(笑)。」

私「それはそれはありがとうございます(笑)。私、このワイン大好きですから、そう言ってくださると冥利に尽きます(笑)。」

お客様「マスキューさん、フェルのワインって怒涛のワインだと思うのですが(笑)、供出温度を気をつけた方がイイですよね。あのバター風味は温度が低いと弱く感じますよね?」

私「そーなんです。温度が低いとりんご酸の方が勝って、軽くフルーティーに感じます。」

お客様「あの、コテコテの感じを出すには15度位がイイですよね?」

私「はい。15度以下にならなければ大丈夫かと。」

お客様「ワインって、出す温度が大事ですよね(笑)。」

私「特に特徴ある良いワインは、最適の温度帯があります。ただ冷やして置けば良いワインもありますし、それはそれで良いのですが…。」

お客様「あと、気温にも影響されますよね。」

私「たしかに!ですから、ホストの方が解っておられると、お客さんは喜びます。」

お客様「一流のホストを目指します(笑)。」